◆今年から「横浜」を冠した27回目となる「横浜」旭ジャズまつり。途中二度のスコールに見舞われましたが、期待に違わずサーカスと渡辺真知子のステージは圧巻でした。写真は、メジャーデビューしたばかりのクロマティックハーモニカ奏者の山下伶と、今井亮太郎 Groovin' Brasilの面々の記念写真。そう、今井さんのライブでは、必ず最後に出演者の記念写真を撮らせてくれますが、これは出演者が観客をバックに記念写真を撮っているところ。このとき実際にステージから撮った写真は「山下伶オフィシャルブログ」に載っていますので、検索してご覧あれ。

8/20・21◆センター・ケアプラザ両館あげての「今宿サマーフェスタ」 (08/13)

旭区には6つの地区センター、12の地域ケアプラザがありますが、今宿だけは、センターと地域ケアプラザが同じ建物に併設されています。この両館あげての年に1回のお祭りが「今宿サマーフェスタ」です。利用団体の発表・展示・体験や健康フェア・ミニ縁日・マジック・大道芸などのほか、多数の模擬店も出店します。詳細は「続きを読む」をご覧ください。
続きを読む・・・

 

8/29~31◆サンハートホールでピアノを弾いてみませんか? (08/08)

サンハートホール自慢のフルコンサートグランドピアノ(ヤマハCFX)。8/29~31の3日間は、1時間単位でピアノで利用できます。発表会前など、ホールの雰囲気を感じながら練習ができます(発表には使えず入館は計3名まで)。
続きを読む・・・

 

8/30(火)◆あさひ寺子屋「私たちの生活と憲法」 (08/07)

ASA三ツ境北部では、現社屋に隣接する旧社屋を活用して「あさひ寺子屋」を開設中です。2016年8月は、「私たちの生活と憲法」のみ開催し、「原発」「天声人語塾」は夏休みとします。

会場は狭くて老朽化したスペースで恐縮ですが、地域のみなさまの身近な学びと交流の場として、どなたでも無料でご参加いただけます。ちなみに右のイラストは、ASA三ツ境北部マスコットキャラクター“さわインちゃん”(あさひくんより年上!)です。
続きを読む・・・

 

9/3◆原発の全論点を論じ尽くした『日本と原発 4年後』上映会 (08/06)

2014年の自主公開後、1年間で全国で1000回余の上映会が開かれ、7万人以上を動員を記録した話題作「日本と原発」。その改訂版の「日本と原発 4年後」の上映会が開催されます。ここ一年の大きな出来事(高浜原発差止仮処分、元東電役員の強制起訴など)、被バクの問題、テロと原発の問題、推進派(近藤駿介氏、木元教子氏)の言い分等を入れ、日本の原発の全ての論点を論じ尽くした作品です。
続きを読む・・・

 

9/10~10/23◆横浜の森でアートと自然と交流を楽しむ! (08/05)

グループ「創造と森の声」は、ズーラシアの奥に残された森を舞台に、森に新しい意味を生み出す活動を1997年から続けています。キーワードは「自然体験」「芸術表現」「人々の交流」。この3つの要素が森で重なり合うことによって、森の新しい意味が生まれてくると考えています。今年も9月10日から10月23日まで、『森アートランドまち』『横浜の森美術展9』を開催します。
続きを読む・・・